墓じまい

墓じまいをお考えの方へ

お墓は先祖代々受け継がれていくものと認識されていると思います。墓守の重荷を後に残したくないと思う方々が増えたこと核家族化と少子化など様々な理由があります。では、墓守をしてくれる人がいなくなってしまったらそのお墓はどうなるのでしょうか?
ずっと手付かずでいますと無縁墓(むえんぼ)となり撤去され遺骨は合祀墓(ごうしぼ)他人とごちゃまぜの場所に移されます。
そのようになる前に今では墓じまいをする方々が増えてきました。墓じまいをするには手続きや作業、費用が必要となります。墓じまいをした後はどのように遺骨をどのようにしたらよいのか?
いろいろな方法がありますが、一般的に永代供養とよく耳にしませんか永代供養とは字の通り墓地管理者が永代にわたって供養を責任もって行ってもらえます。永代供養と言っても種類がありおおまかに区分しますと先にもお伝えしました合祀型・集合型・個別型とあります。費用はそれぞれ違います。また、合祀型・集合型・個別型の中でも費用が違ってきます。
立地と設備はどうか、経営はどのようにしていて信頼できるのか宗旨宗派は問われるかなど現地に行き目で見て話しを聞き家族・親族の方々としっかりと話し合いをしてから墓じまい・納骨をして下さい。